一戸建て住宅の玄関ドアの鍵に関する後悔

我が家は既に一戸建てマイホームを建ててしまっているのですが、もしも今また家を建てられるのでしたら、「これにしたい!」という希望があるのです。それが玄関ドアのリモコンキーです。読んで字のごとく、玄関ドアの鍵がリモン式になっているタイプのことです。

なぜ、リモコンキーに惹かれるのかと言いますと、なんのことはなく便利そうだからです。友達の家の玄関ドアがマンションのようなカードキーなのですが、とても楽そうです。シュッとスライドさせればドアロックがはずれるので、わざわざ鍵を鍵穴に入れてカチャカチャやる必要がないのです。当たり前ですが。

別に従来通りの鍵もそこまで不便ではないのですが、ただ暗闇で鍵を開けようとする場合、手間取ったりしますからね。鍵穴に一発で入らなくて。そしてまた、リモコンキーやカードキーとは違って、鍵穴タイプの鍵ですから、鍵がかかったかどうか、鍵が開けられたかどうかは実際にドアノブに手をかけて動作してからでないとわからないじゃないですか。リモコンキーのようにランプでわかるものではないので。

ちょっとしたことではあるのですが、一戸建てマイホームを建てた後から、「ああ、ここはこうしておけばよかったなー」と思うところのひとつですよ。玄関ドアの鍵については。